2016年05月08日

5月8日うつみようことこてつ、デルタ兄弟復活ライブ

みなさまゴールデンウィークいかがお過ごしでしたか。
もうあと10時間弱で仕事しなきゃと思うと、残された貴重なゴールデンウィークの残滓を隅々まで舐め尽くすように夜更かししてしまい、結局明日寝坊したらどうしようといつだって誘惑と不安が尽きないヤン・フレンジーです。

ところで昨日は所沢のMojoまでうつみようことこてつ、およびデルタ兄弟の復活ライブを見に行ってきました。ジローさんがアメリカへ行っていた後音沙汰が無かったので、安否確認もかねてですが。

さて、所沢のMojoは昨年から数回お世話になっている、「こんな店が近くにあったら毎日通うてまうやろー」といういほどの優良店なんですが、残念ながら我が家からは1時間半くらいかかるので、ある意味アル中にならなくて、会社なんか行くよりMojoに行く!みたいにはならなくてよかったです。

そんなヤン的いい店ラインキング上位のMojoですが、出演者も本当にハイレベルでかつ濃い。うまいだけとかの人はまずいません。「この人たちうまいんだけど心に響かない」みたいな人は工藤さん(マスター)が出演させないポリシーなのか、たまたまそうなってるだけなのか(失礼な!)は存じ上げません。

フライヤーはこんな感じ。かっくいい。
utsumi_delta.jpg

とはいえ、ぐずなヤンはライブに遅刻してしまい、お店に着いたころにはデルタ兄弟さんが既に演奏しておりました。。。早速ビールを頼んで、食べ放題のえびせんぽりぽりしながらカウンターで観覧。デルタ兄弟自体を久しぶりに見たので、ジローさんが生きて帰ってきたことも含め、感慨深いライブでした。キング・ジローさんは、天賦の歌声を持っていて、私が見た日本人ボーカルの中でも抜群に「エエ声」です。地底深くの地鳴りのような天然の迫力を兼ね備えていて、本当に何を食べてどう育てばああなるのか、もし秘訣があるならぜひ教えてもらいたいものです。恒例のダンスコーナーで会場を盛り上げ、最後はしっとりとしたバラードでしっかり締めくくってくれました。

そして、次に登場したのはうつみようことこてつ、この日は「うつみ姉弟」ということでしたが、いずれにせようつみさんのステージは初体験。良いとはうわさに聞いていましたが、そのキャラクターの濃さも手伝って、すぐに吸い込まれるような良質な時間をすごしました。選曲もニールヤング、村八分など渋いものですが、うつみさんの歌声に乗るとパンチとビートが加わって、なんともヒップな、アコースティックとは思えない深みが味わえました。そしてハープのこてつさんですが、ヤンフレンジーのドラムを手伝ってくれているカズ君がモーションブルーでイベントしたときに拝見したことがあったのですが、今回はより間近に息遣いとか技の数々、繊細なハープ捌きを見ることが出来て、感動しました。デュオいいなあ、と自分でもやりたくなりました。

最後は出演者全員でセッション。うつみさんもジローさんもこてつさんも唄が異常にうまいし、めちゃくちゃかっこよかった。歌声ってのはある程度は天性で、声の大きさやピッチは矯正できても声質ってのはなかなか難しいものです。私はうつみさんみたいな声が理想です。でも自分には出せないのは分かっているので、ボサノバは声を張る必要が無いので声を張らなくても通るヤンを目指そうと思うとともに、最近ピッチが狂いやすいのでボイトレしなきゃと思いました。ハヘヒフヘホハホハ〜♪


posted by ヤン・フレンジー at 23:17| Comment(0) | ライブ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: